MY HISTORY

とっとこバルーンの歴史

人生一度だけ!

30歳代前半・・・
「私の人生このままでいいのか!?」と、自問自答する日々!!
その当時・・・お硬い事務職員で、毎日決められた仕事を型通りにこなす日々でした。

そんな毎日に何か違和感の様なものを感じる私!
こんな違和感を感じたままの人生を送っていいのだろうか?

“人生一度だけ!”このままではいけないと考える様になりました。
それから「私には何が出来るのか!?私は何がやりたいのか!?」を毎日のように考えるようになりました。

~その時、私35歳!!~

ちょっと考えただけでは、そう簡単に「何が出来るか!?やりたいか!?」は、見つける事が出来ず、『これだ!』と言うはっきりしたモノが見えませんでした。 

それなのに・・・「10年後の45歳で今の仕事を辞めよう!」と決めました。
それからは、「何が・・・!?」を真剣に探し求めて、考え(妄想し??)たり、『これは出来るのか!?』と思う専門誌を買い求めたり、花屋になろうかとフラワーアレンジメントを習い講師の資格を取ってみたり、と・・・

さまざまな事を考え、行動しながら年月が過ぎて行きました。

~約束の45歳まであと1年~

まだ自分の気持ちがはっきりしないまま残り1年になりました!
そんな時、盛岡のバルーン屋さん(バルーンスケッチさん)が新店舗移転したとの情報を得ました。

~そのバルーン屋さんとは~

さかのぼる事、今から20年程前のTV番組で、バルーンスケッチの牛﨑さんがバルーンの大きなディスプレーを作っているのを観て、すごく心を打たれ感動しました。 忘れられず脳裏から離れませんでした。

でもその当時は感動だけで、仕事を辞めてまで風船屋さんになれる環境ではなかったので、あの時の感動は心の奥にしまい続けていました。
そんな想いとバルーンスケッチさんの新店舗移転、そして私の残り1年が、すごいタイミングで一致したのです。
何か運命すら感じました。

~すぐに行動~

そのバルーンスケッチさんに連絡を取り、バルーンビジネススクールをやってる事を聞きました。
そこから、バルーンの勉強を始めたのです。

~それから、1年後~

10年前に「45歳で仕事を辞める!」という自分との約束を果たし、翌年右も左もわからないまま「とっとこバルーン」を立ち上げました。
「知名度」も「実績」も「経験」もない私。もちろん、営業経験もないのに飛び込み営業をしながら、とっとこ!とっとこ!自分の歩幅でゆっくり歩きはじめたのです。

~そして~

今現在、“とっとこバルーン”を立ち上げて9年も経ちました。
この仕事を通して、いろいろな方と出逢い、経験した事のないこともたくさんありました。

そんな中で、風船を通してたくさんのみなさんが、キラキラと目を輝かせ笑顔になる光景をみると、あのテレビを観て感動した時と同じように、今再びたくさんの方から感動を頂き、楽しくお仕事をさせていただいていいる事に感謝しております。

これからも、小さな感動から夢広がる風船をたくさんのみなさんにお届けしていけるよう日々精進して参ります。
“人生一度だけ・・・!”楽しく笑っていきましょう♪

2012年4月 とっとこバルーン 大沼利子